with・・・&D 韓国旅行・ノンヒョンでサムギョプサル Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国旅行・ノンヒョンでサムギョプサル

韓国旅行レポ、今日は一日目の晩御飯を紹介します♪
素敵な街~

       ☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。☆.:*:・'★゜'・☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。☆.:。☆。.:*:・'゜★゜'・*:.。☆.:*:・'★。.:*:・'

アックジョン探索を終えて、晩御飯を食すためにタクシーでノンヒョンに移動します。
タクシーで移動

それにしても最近のアックジョンはちょっと寂しげ・・・。カフェがやたらと増えて服屋さんも明洞と同じお店が結構あって。しかも同じものでも明洞の方が安いし、ショゲショゲ。


適当な場所で降ろしてもらうと、この日は金曜日ということもあって、ノンヒョンは仕事帰りのサラリーマンで溢れ返っていました。
ノンヒョン


行列の出来るお店。覗いてみると海鮮モノのお店。
大行列~

水槽の中に貝とか何やらが何種類いて、それを焼いて食べるみたいです。
コレ系のお店はどこも行列が出来ていました。


&D達が目指すお店は「元祖 サンパッチッ (ウォンジョ サンパッチッ・원조쌈밥집)」。
入れなかった

行ってみるとここも大行列!!!!

まだまだ空は明るいのですが、この時点でもう20時近いのです。待つと時間がかかるようだったので泣く泣く諦めて別のお店へ。


ノンヒョン駅のほうへ歩いていくと、サムギョプサルが一人前W3500(280円)というお店を発見!
あまりに安いのでその店は通過したのですが、見渡してみるとその一帯は値段が同じ。

不安な気持ちもありましたが、店内は地元の人で賑わっていたので、その中の一軒に恐る恐る入ることにしたのです。


W3500のサムギョプサルは続きからドウゾ!




4人分のサムギョプサルを注文すると、てんこ盛りのお肉が運ばれてきました。
サムギョプサルー

安いからといって量が少ないわけでもなく。


お野菜もごくフツウ。足りなくなったらもちろんオカワリ可能。
お野菜

オカワリをお願いするとこれまたてんこ盛りで下さいました。


ニラと玉ねぎをコチュジャンベースのタレで和えたもの。
ニラとたまねぎ

ニラを生で食べるって不思議・・・。でもこれをお肉と一緒に食べると美味しかったー。


サムギョプサルには必須のテンジャンチゲも付いてきました。
テンジャンチゲ


もちろんキムチも。
受け皿

でもコレは酸味のあるキムチで、周りを見ると皆さん焼いてはりました。焼く様なのかな。
ちなみに白いお皿は脂の受け皿。鉄板がナナメっているので、お肉の脂が流れてくるのです。


早速焼き焼きを開始。
焼き焼き

ジュージューとお肉の焼けるなんともいいにおいが~♪


っとその時店員さんが現れ、「焼くにも法則ってもんがあるのよーー」っと、こんな焼き方見ておれないとばかりに仕切り始めました(笑)。
直されたっ

お肉はもっとたくさん載せて、キムチは肉の脂が流れてくるエリアで焼く様に指導を受け・・・。
いいとこが一つもなかった、散々な日本人客(笑)。

キムチが脂まみれになるのが嫌だったのでお肉から離して焼いていたのにぃ。。
でも「焦げるでしょっ」っと移動させられました、クスン(笑)。

周りを見渡すと、なるほど。皆さん、肉から流れ出る脂を利用してキムチを焼いてはります(笑)。


青唐辛子、今まで辛いものに当たったことがないので今回も食べてみました。二つのうち一つは辛くなかったのですが、もう一つが強烈に辛くて!!!!!
辛くて辛くて!

辛いとかいう次元ではなく、イタイのです!!!!!
食べ始めでは辛さが分からなかったので調子にのって二口食べしまったのですが、じわじわと強烈な辛さがやってきて大パニックゥゥゥ!!!
水を飲んだら余計に口の中が痛くなって、唇もヒリヒリして張れている感じ。
母と二人でもがき苦しみました(笑)。

辛すぎると涙が出てくるという経験は初めて(笑)。涙ぐむというレベルではなく、涙がボッロボロ出てくるのです。飴ちゃんを食べてもヒリヒリはおさまらず、イタイッ。

韓国で「辛くて食べれない」ということを初めて経験しました・・・トホ。


お会計を済ませて外に出ると、外にもテーブルが出されてて超満員に!
安かった!

この日の晩御飯はサムギョプサル4人前+ご飯2人前(W1000×2)=W16000で一人当たり320円。
なんともお安い晩御飯!!こりゃサラリーマンで賑わうはずー。

このお店が安い理由は、パンチャン(おかず)の数ではないかと。もやしのナムルがあったものの、今まで利用してきたお店に比べるとはるかにパンチャンの数が少ないんですよね。


まだまだ賑わうこの街、ノンヒョン。「サラリーマンの街」と勝手に称しています♪
           楽しい街


帰りは地下鉄利用。駅までの道にこんなお菓子を売っている屋台が。
生き返った

その時焼いていた、白くて大きいこのお菓子を道行く人に配っていました。あたし達も頂いたのですが、このなんともいえない優しい甘みが、唐辛子で大パニックになっていたあたしの口の中を沈めてくれました。
ありがたや~~ありがたや~~~~。


大好きな江南の夜景ともお別れです。
           大好きな夜のソウル


明日からは地方に出かけます。北朝鮮との境界線である「鉄原・チョルウォン」という街に行きます。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nany.blog50.fc2.com/tb.php/652-a8abed36 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。