with・・・&D 親知らずの抜歯、入院レポ。 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親知らずの抜歯、入院レポ。

2010.08.17 Life
こんにちわ、ナオ。です。
食欲もりもり・脂肪大増量で無事横浜に戻って参りました(笑)。

抜歯入院にあたり、ご心配をお掛けしてしまって申しわけございませんでした。
↓のお返事も遅くなってしまってごめんなさい┏○ペコリ

完治とはいえませんが、日に日に口も開けれるようになり、
昨日から痛み止めなしでも過ごせております。

これで全部の親知らずを撃退したので、親知らずで入院するのもこれが最初で最後。
せっかくなのでオペレポを・・・と思い、つらつらとレポを作り始めたのですが、
1回で書ききったのでちょっと長い記事になりました(汗)。

ちなみに韓国語で親知らずは「사랑니・愛の歯」というそうです。素敵ですね~。
素敵ですが、にっくき対象物には変わりありません(笑)。


続きからどうぞ♪

   ○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。
○●8月8日 入院●○

抜歯したらしばらく大きな口を開けて食事するのは無理だろうなぁと思い、
病院へ行く前にマクドでハンバーガーランチをすることにしました。

もちろんおまけ狙いなので、親分は強制的にLLセット(笑)。

s-DSCF7264.jpg

ストラップはビッグマックとポテト、コーヒーの3つ揃えが夢なのですが(笑)、親分がビッグマックを推してきたので、
Leaさんのブログで教えて頂いた「丸っこいの下さい」というオネダリワードを唱えたところ、
ビッグマックがきました、ウホホーイ♪ Leaさん、素敵な情報ありがとうございました!

s-DSCF7269.jpg

トレジョのバッグにつけてアメリカ気分♪


デザートはブルーシールのチョコミント。

s-DSCF7271.jpg

美味しいけど、恐ろしくコーヒーとあわない(笑)。
親分はハンバーガーも追加で食べとりました…太らないっていいなぁ…(切実)。


ランチを終えたら13時に病院へ。

病室がある階でエレベーターを降りると、真正面にはみなとみらいが一望☆

s-DSCF7279.jpg

そして部屋からはベイブリッジを独り占め~(笑)。

s-DSCF7272.jpg

羽田空港発着便の飛行機も見れる、素敵なシティビュー(笑)。


病室は窓も大きくバスルームも広めで、快適に過ごせました♪

DSCF7273.jpg DSCF7274.jpg


前もって外来でいろんな検査を済ませていたので何もすることがなく(笑)、親分と病院探索~。
病院内には図書室もあって、これが退屈な入院ライフの救世主となってくれました。


夜ご飯を食べて親分も帰ったあと、ブロガーとしてはMMの夜景を撮らねば、とエレベーター前へ。

s-DSCF7281.jpg

部屋からの景色もきれいでした。

s-DSCF7285.jpg


明日のオペに備えて早々に寝ようとしたのですが、
ストレスや極度の疲労を感じると、ジンマシンが出る体質が本領発揮し、
みるみるうちに脚、腕にジンマシンがぁぁ(泣)。
自分ではかなりリラックスしていたつもりだったのに・・・。
薬を塗りながらオイオイ泣いていると、蚊にまで刺される始末(涙)。
ナースステーションに泣きつくと、ベープマットを貸して下さいました。ありがたや~

そんなこんなで寝るタイミングを思いっきり外し、1時前に睡眠薬をもらって眠りにつきました…。


○●8月9日 二日目●○

麻酔科と口腔外科の先生からオペの流れの説明を受け、9:00に歩いてオペ室へ。
オペ室は明るくてとっても清潔でした。

オペ台に寝ると、心電図、酸素飽和濃度測定器やらを付けられ、腕には点滴。
キンキンに冷えた麻酔液を点滴から入れられると、ビックリするくらい腕がヒエヒエに(驚)!
説明を受けてはいたものの、今までに経験したことがない感覚だったので
体から腕が落ちてしまうのでは?っと不安になりましたが、10秒もしないうちにスコーンっと深い眠りへ(笑)。
「麻酔ってほんまに効くん?痛なって途中で目が覚めたらどうするん?」っとかなり疑心暗鬼だったのですが、
ものの見事に眠っておりました(笑)。

次に人の声が聞こえた時には手術が終わった後でした。

麻酔に30分、準備&片付けに30分、治療に一時間の合計2時間の予定でしたが、1時間半もかからずして終了。
治療にかかった時間は20分少々だったとのこと・・・アッサリすぎてなんだか恥ずかしい(笑)。

当初は骨を削り歯も分割して抜く予定でしたが、
曲がっている根っこも割れることなく原形を保ったまま抜けました。

術後に「ナオ。さーん、終わりましたよーー。声を出してくださーーい」っとナースに言われ、
苦し紛れに出た言葉が「ンガッ」(笑)。

麻酔のせいで喉が圧迫されて痛くて、うまく声が出ないんですよね(汗)。
さらに局所麻酔もされていたので、口の中が腫れている感覚がして、もう何がなんだかわからない状態(泣)。

麻酔が抜けきるまでの3時間は絶対安静だったのですが、この間が一番キツかった~(泣)。
喉は痛いわ腫れぼったいわで、だ液が飲み込めず吸引されたり、
オペ中に鼻から人工呼吸の太いチューブを入れられていたので(チューブの抜き差しは麻酔中にされます)、
鼻の違和感も多少ありました。

さらに元々腰が悪いのですが、
真上を向いて足を伸ばして寝るという腰痛持ちには一番辛い体制でオペを受けていた為、
目が覚めて最初に痛みを感じたのが腰でした(笑)。
親分に腰の下にバスタオルを敷いてもらったりと工夫しましたが、何をしても痛く、早く起き上がりたい一心でした。

3時間たってようやく酸素マスクもとれ、歩いてもOKになりました。
14時半くらいだったでお腹もすいているはずだったのですが、さすがに食欲もありませんでした。

この日は持ってきていた本を読んでベッドでゴロゴロしてすごしました。

s-DSCF7287.jpg


○●8月10日 3日目●○

朝ごはんは8時。
いつもよりかなり遅い朝食タイムなので、グーグーお腹をすかせておりました(笑)。
当たり前ですが、主食はおかゆ(泣)。
おかゆなるものがすごく苦手な上に、パンが食べられない生活にフラストレーションが溜まりまくり(笑)。
退院したら、絶対に美味しいパンを食べてやる~~っと強く心に誓っておりました(笑)。


この日の午前中に退院予定だったのですが、相当深いとこから抜いているので化膿すると大変だからと
入院が一日延びてしまいました(泣)。

退屈だし明日帰省するしで早く家に帰りたかったので先生に泣きついたのですが、ダメとのこと(泣)。

今日は親分も仕事で病院に来れないし、退屈極まりない(泣)。

が、こうなったら3食昼寝付きの入院ライフを楽しんでやる~っと、図書館に行って本をどっさり借りてきました。
食事の準備で本読みを中断しなくてもいいし(笑)、完全に本の虫ーーー♪


12時の昼食タイム、この日は冷やし中華でした。 やっとおかゆ地獄から抜け出せました(嬉泣)。
そして美味しかったのが、さつまいもとリンゴの煮物♡

s-DSCF7297.jpg

これ、ホントに美味しかったーーー!!!!!オカワリ希望ーーーー(笑)。

s-DSCF7300.jpg

デザートのヨーグルトの上にのっけてもデリシャスーーー!!


午後はコーヒーショップでアイスラテを買い、部屋の窓際に椅子をセッティングしてプチカフェ気分(笑)。

s-DSCF7301.jpg

キムタク主演の大大大好きなドラマ、「GOOD LUCK」の再放送を見て号泣したり(笑)、
部屋にいるのが飽きたら図書室にこもって本を読んだり、なかなか快適な入院ライフでした♪

s-DSCF7302.jpg

部屋からの眺めが良いのが救いでしたー♪


○●8月11日 4日目 退院●○

今日は朝早くから点滴。

s-DSCF7295.jpg

朝晩2回の点滴からもやっと開放ーーーーーーー!!!!

術後から腕に点滴のラインをつけっぱなしにされていたので、それがわずらわしいのなんのって(泣)。
でも毎回針をチクチク刺されるよりはマシかもー。


そして朝ごはん、やっとパンにありつけたーーーーー(感涙)。

s-DSCF7307.jpg s-DSCF7308.jpg

ここまでパンに飢えると、どんなパンでもスペサル美味しい(笑)。ガッツガツと完食~♪

外来で処置をうけ、退院許可がおりました!
お会計を済ませ、荷物を抱えて一人で寂しく帰宅しました(笑)。

◇◆◇◆

終わってみるとオペがあっけなく終わったし(笑)、術後は万全な看護体制の下で過ごせたこともあり
思っていたよりも楽でした。

10年前、真横に生えていた左下の親知らずを抜いた時は麻酔は効かないわ、痛み止めは効かないわで
七転八倒の苦しみでした。
仕事が終わって帰宅するのに痛みに耐え切れず、泣きながら帰ったことも・・・。
そのせいあって、右下は何があっても抜かないっと意固地になっていたらこんな結果に(笑)。

今回抜いた右下は、垂直に映えている歯が完全に埋伏している状態でした。
真横に生えているほうが抜くのが難しいのかなぁと思っていたのですが
見えない状態で垂直に生えているほうが抜きにくいそうです。

さらにあたしの場合、口腔内にある太い神経2本よりもうんと下に根っこがあったため、
抜歯の際にこの神経を傷つけてしまうと抜歯後にしびれが残る場合があるという
高いリスクをふまえた上での抜歯でした。

シビレは数ヶ月で抜けることもあれば、残る場合もあるとのことでした。

神経が傷付いてしまった場合はリハビリもいるし、神経回復の薬も処置しなくてはならないしで
街の歯科医院では抜歯が無理で、設備がととのった病院で抜いてくださいと紹介状を書いてもらいました。

入院しましょうと言われた時は、大袈裟な、なんて思いましたが、今は入院して良かったと思います。
歯一本ごときで全身麻酔というのにもビックリでしたが、以前の経験を思うとこれもやって正解。
あの痛み&精神的恐怖は二度とゴメンです(笑)。


最後になりましたが、抜歯しようか迷っている方がこのレポを読まれたらのお願いなのですが、
これはあくまで個人の入院レポであり、抜歯をオススメするものではありません。
あくまで一つの症例であることをご理解ください。

最後まで読んで下さってありがとうございました、┏○ペコリ
そしてたくさんの励ましのコメント、とっても嬉しかったです。
これからも元気に旅をして美味しいものをたくさん食べていきたいと思います。

親知らずよ、永遠にサヨナラじゃーーー(笑)!!

ナオ。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nany.blog50.fc2.com/tb.php/986-f3532073 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。